Loading...

面接で言われる「ブルーカラー・ホワイトカラー」ってなんぞ

工場で働くなら必見

「ブルーカラー・ホワイトカラー」ってなんぞ

どうも
おいどんです。  

 

今回は

ブルーカラーってなんぞや

よく面接時に面接官に言われて顔がはてなになり恥ずかしい過去があります。  

これを知っていることで凄いとはなりませんが、知って損はないです!  

 

まずこのワードが出ると「業種」を示しています。    

 

 ブルーカラーとは

ブルーカラーは上記の写真のように工場や現場などで働く人が青い作業着を着ているから、

ブルーカラー=工場、製造業などの業種になります。

 

他にも  

 ホワイトカラー

ホワイトカラーは一般的にスーツを着用して事務所などで働く人のことを指します。

 

主にブルーカラー、ホワイトカラーが多くつ使われる言葉ですが、 他にもこんなカラーもあります!    

 

 

その他カラー一覧

 グレーカラー 

グレーカラーとはブルーカラーとホワイトカラーの間に立つ専門的な職種の人達のことを言います。
具体的にはホワイトカラーによって企画され、ブルーカラーによって製造された製品などを訪問し販売する営業職や店舗に立ち販売する販売職などがグレーカラーと言われています。

 

 グリーンカラー 

環境に関する業務に係る人達のことです。
林業だけでなく、リサイクル事業に係る人達や近年注目を浴びている太陽光発電や風力発電と言った環境に優しいエネルギー開発に携わる人達のことを指します。

 

 ブラックカラー 

元々は裏社会、非公式、非合法で働く人達を指す言葉でしたが、最近よく耳にするブラック企業が社会問題となったことから、現在はブラック企業に勤めている方を指す言葉です。

 

 シルバーカラー 

シルバー世代に向けたサービスなどを提供している仕事。
主に介護、老人ホーム、高齢者向けの宅配サービスや医療サービスなどを提供している人達の事。

 

 オレンジカラー 

「趣味が仕事」と言った働き方のことを指す言葉です。
これまでの〇〇カラーとは違い、特定の職種についている方を指す言葉ではありません。

 

 ピンクカラー 

性◯俗ではありませんよ!
ピンク=女性のイメージから看護師や保育士などにつく女性達の事。

 

 ゴールドカラー 

組織に依存せず、自分の能力でキャリアを作っていく知的労働者。
会社に選ばれて働くのではなく、目的のために自ら会社を選択する人。

 

 メタルカラー 

メタルカラーとは高度な技術職につく人達の事。
時代の変化や技術の進歩によって高度な技術は変わっていきますが、その時代における最先端技術に携わっている人達ことを指す言葉です。

 

 レッドカラー 

奴隷身分の人という意味で差別的な意味をもつ単語です。
現代では使うと叩かれるワードなので注意です。

 

おいどん
おいどん

業種をこれだけのカラーによって分けているなんておいどんも初めて知りました!

おいどん自身勉強になりました!  

わちき
わちき

わちきは昔ホワイトカラーでもあり、

ブラックカラーでしたよ!

おいどん
おいどん

ん?

ただ単にブラック企業ということね。

わかりにくいなっ!

 

これで面接時にブルカラーとワードが出ても心配ありませんね!    

では今回はこれにて終わらせて頂きます。       

 

タイトルとURLをコピーしました